植物と微生物と共に生きる
〜山本家のくらしの知恵づくり『柿の葉茶』〜

9月初旬の日曜日、いつも庭の緑を楽しませてもらっているお隣で、素敵な庭の手入れをなさっています。あら、柿の木の剪定です。思わず、『柿の葉茶作りたいので頂けますかー』と声をかけて、ひと抱えの柿の枝をもらってきました。

柿の葉茶作り方画像

10年前の柿の葉茶ブーム

思い返せば10年くらい前になりますが、テレビで花粉症に柿の葉茶が効きそうだという放送があり、娘が花粉症で困っていましたので薬局に注文しましたが、一時のブームで品薄でした。

しばらく待ってから手に入り、花粉症の時季しばらく飲んでいたことがありました。ビタミンCが多いことを知っていましたのでとっさにお茶を作ろうと思い立ちました。

まず柿の葉を一枚ずつきれいに洗い、1時間ほど干して水気をとり、ざくざくと切り、沸騰した蒸し器で2〜3分蒸しました。

柿の葉茶作り方画像

柿の葉茶作り方画像

乾燥に試行錯誤

軽く絞り、ざるに広げて2日ほど日陰干しするのですが、あいにくの秋雨です。

部屋いっぱいに広げて扇風機で風を送って2日で大分乾いてきましたが、未だ雨です、バリッと乾燥させないとカビがはえたら大変です。

柿の葉茶作り方画像

柿の葉茶作り方画像

その後2日間マイナスイオン冷風扇で風を送っています、柿の葉茶はマイナスイオンをたっぷりあびたことでしょう。

バリッとしたところを袋詰め

5日目やっとからりと晴れました。

柿の葉茶作り方画像

1時間外に出してバリッとしたところを袋詰めにして冷蔵庫で保存しておきます。

柿の葉茶作り方画像

干しながら、自分の舌で味を確かめるために口にふくんで味見してみますと、かすかですが酸味を感じます、あら!これがビタミンCと思い、なんかうれしくなっています。


柿の葉から作ったお茶には、多量のビタミンCが含まれています。このビタミンCはプロビタミンCでビタミンCになる手前の状態ですので、熱にも強くお茶にしても失われません。ビタミンCは感染症への抵抗力をつけたり、メラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成に働いて血管壁を強くしたりする働きがあります。

最近テレビなどでも紹介されているように、鼻づまりを抑える効果や花粉症にも効果があることがわかってきました。柿の葉にはフラノボイドがたくさん含まれており、その中のひとつ、アストラガリンは花粉やホコリ・ダニ・によるアレルギー性鼻炎の原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがあります。アストラガリンの一部は体内でケンフェロールというフラノボイドに変化し、肥満細胞からのサイトカインの産生を抑制し、鼻づまりを抑えることがわかってきました。また、このケンフェロールは最近の研究で、IgE抗体の産生も抑えることがわかってきました。

柿の葉茶は花粉の飛散する前に飲み始めるとより効果的です。柿の葉には天然のビタミンCだけでなく、最近注目されているフラノボイド・ミネラル・ビタビンB1・B2など豊富にふくまれます。

また、柿の葉には血圧降下成分ケンフェロール・グルコサイド・クエルセチンが豊富に含まれており、動脈硬化の予防・血圧の降下作用があり高血圧や心臓病の人にも有効ともいわれています。

なお、柿の葉茶は弱酸性なのでコーヒーや緑茶と飲むとビタミンが半減するので注意が必要です。「ためしてみよう 花粉症対策」より

70度くらいのお湯で

出来上がり飲んでみました。

飲み方もいろいろ有るようですが、私は冷え性のため、70度くらいのお湯でゆっくり出すことでタンニンの量を減らす事が出来るようです。

苦みがなく飲みやすいです。大さじ一杯をきゅうすに入れて7〜8分おいてから飲んでいます。

柿の葉茶作り方画像

バリバリに乾燥した柿の葉茶をまた食べてみますと、うまみを感じます。

ミルで粉末にしておけば料理にも使えそうです。また考える楽しみが増えました。

柿の葉茶作り方画像

柿の葉茶は鼻炎に効きそうな気がします、花粉症で悩んでいる娘家族に飲ませ、来春の花粉症が少しでもらくに過ごすことが出来たら有り難いことです。

たくさんの柿の葉茶が出来ました。
おとなりさんありがとうございました。


としこさん(店長の母) 2015.09.12

  • ヴェル酵素ネットからのメッセージ
  • ハイレベル活性酵素飲料Vegetable-E-Life(べジタブル-E-ライフ)
  • ヘンプシードナッツ
  • 植物と微生物と共に生きる

コンテンツを見る

モバイルショップ

ヴェル酵素ネットはオフィス カレイドにより運営しています*ヴェル酵素ネットはオフィス カレイドにより運営しています*

コンテンツを見る