植物と微生物と共に生きる
〜山本家のくらしの知恵づくり『苦瓜(ゴーヤ)のビタミンCはすごいです。』〜

家庭菜園苦瓜(ゴーヤ)

ゴーヤを調べていましたらなんと!

「ゴーヤの含んでいるビタミンCは76mgと非常に多く、ビタミンCを多く含むといわれるキウイでさえ69mgですから、ゴーヤに含まれる量がいかに多いかがわかりますよね」とありました。(※「旬の食材百科」より)

ゴーヤのビタミンCは加熱に強いという特性を持っていて、炒めても壊れにくいようです。 それに加えて、ゴーヤを天日干しさせた「乾燥ゴーヤ」は生ゴーヤよりさらに栄養価が高くなり、ビタミンCは10倍になるとありました、カルシウムは15倍でした。(※「ぷち知恵袋」より)

即、試してみる

気になる情報を見つけると、即、試してみるのが私です。 菜園より大きくなったゴーヤを採ってきて薄くスライスしました。中綿には果肉より3倍も多くのビタミンCが含まれているというので種だけ取り除き、炎天下、3時間ベランダで干してみました、しんなりと程よく乾燥しました、そのまま食べてみました、苦みは少なくなっているようです、少しの甘味が加わった感じです。

家庭菜園苦瓜(ゴーヤ)

家庭菜園苦瓜(ゴーヤ)

今日はなすと乾燥ゴーヤの味噌いためを作ってみました。 夫、曰く「切り干し大根みたいだね」というように生ゴーヤとは違った食感で苦みはほとんどなく甘味が加わりいい感じの出来栄えです。 沢山収穫出来たときに乾燥ゴーヤにして置きますと保存もできますし、栄養価が高くなるのは有り難いことです。

夏の定番

夏の定番はやはりチャンプルです。 エビは自家製塩麹に漬け込んでおきます、卵・ゴーヤ・粉とうふ(高野豆腐の粉)で作ります。

ゴーヤチャンプル

かじきまぐろを塩麹に漬け込んでおきゴーヤ・キノコ・シシトウ・ピーマン・トマト・タマネギ等にニンニクを加えオリーブオイル・塩少々ふってオーブンで焼きます、夏野菜がたっぷり頂けます。

家庭菜園苦瓜(ゴーヤ)かじきまぐろ

今年の白ゴーヤは4本の収穫でした、貴婦人のような透明な白さと形にほれぼれしています。 これは絶対に生でサラダか酢のもので頂いています。

家庭菜園白苦瓜(ゴーヤ)

家庭菜園白苦瓜(ゴーヤ)

家庭菜園白苦瓜(ゴーヤ)

ゴーヤは18世紀ごろから野菜として食されていることが分かっており、中国とのかかわりがあり医食同源(食事は健康を維持する薬)という考え方が根づいていた沖縄では暑さバテ・夏バテ予防に役立つ食材としてしたしまれていきます。

生活習慣病予防に

ゴーヤの苦み成分モモルデシンやチャランチンなどに活性酸素の生成を抑制する働き、コレステロール低下作用があります。

そのほかにβ―カロテン・ビタミンCなどの抗酸化作用があるビタミン類、毛細血管を丈夫にして血液循環を整えて動脈硬化や血栓予防などに効果が期待されています。 モモルデシチンとチャランチンは血糖値を下げる効果が報告されているほか、血糖値の上昇を抑える食物繊維も豊富に含んでいます。(※「SlowBeauty」より)

ゴーヤを医食同源に

以前、夫が会社の健康診断で血糖値が境界型ですので食生活と生活習慣を見直すようにとの指導がありました。

食事の改善と言いましても現役で働いているときで外食も多く思うようにはいきませんでしたが、まず食事の時、野菜から食べることから始め、運動するようにも心がけました。 その時にゴーヤ茶が糖尿病には良いという情報を得ましたので、近くの農家からゴーヤを沢山分けてもらいゴーヤ茶を作りました。

ゴーヤを薄くスライスして天日に干し、乾いたところをフライパンで乾煎りしてからからになったもの、熱をさまして保存しており、通勤時ゴーヤ茶の煮出したものを持って行っておりました。

現在、夫75歳、夫婦共血糖値も安定して元気で居られるのも時期の野菜の滋養をたっぷり頂かせているお蔭です、まさしく医食同源です。 9月に入り30℃を割り込む日が続き、ゴーヤの木も元気なく黄色くなった葉が多くなってきました。

ゴーヤさん、今年もたくさんのめぐみを頂きました、ありがとう。


としこさん(店長の母) 2015.09.05

  • ヴェル酵素ネットからのメッセージ
  • ハイレベル活性酵素飲料Vegetable-E-Life(べジタブル-E-ライフ)
  • ヘンプシードナッツ
  • 植物と微生物と共に生きる

コンテンツを見る

モバイルショップ

ヴェル酵素ネットはオフィス カレイドにより運営しています*ヴェル酵素ネットはオフィス カレイドにより運営しています*

コンテンツを見る